中学生 顔が可愛くなる

中学生で顔が可愛くなるには?

スポンサーリンク

 中学生で顔が可愛くなるには?

 

中学生になると、自分の顔立ちや容姿が気になりだします。周りからどう思われているのか、敏感になる時期でもありますよね。この時期で「可愛くなりたい!」と思わない中学生は、ほとんどいないことでしょう。

 

でも、若さゆえにその未熟さから色々と勘違いして、折角の若さを台無しにしてしまう四女子が多いのが残念です。今回は、中学生女子が本当に顔を可愛くするにはどうしたらいいか、考えていきましょう。

 

まずは、眉です。中学生になると自分の眉毛が気になりだす女子は少なくありません。同世代ではやりの素敵な眉の形をマスターしようとして、どこか迷走して失敗する・・・なんてことがよくあります。そして、何故か細い眉が人気ですよね。

 

スポンサーリンク

眉は細ければいいというものではありません。あまりに細すぎるときつい印象を与えてしまうことがありますので、細さを優先するのではなく自分に似合った眉を知ることから始めましょう。あからさまに太い眉にすることもありませんが、どちらかといえばちゃんと太さのある眉の方が顔立ちをしっかり活かしてくれます。

 

ちょっと早いですが、メイクに目覚める年頃でもあります。ただ、この時点でメイクを始める女子のほとんどがかえって垢抜けない印象を作っているのが残念です。ベースメイクをおろそかにして濃いメイクをしてみたり、肌の調子が悪いのに無理やりメイクをしたりと、悲惨な結果になっています。素肌感を生かしてポイントメイクにとどめたほうが、若さをアピールできて可愛く見えます。

 

いかがでしょうか?中学生になると思春期に突入するので、自分の意思を曲げたくない部分も出てきます。それ故におしゃれをするのに他人の言うことに耳を貸したくない、という思いもあることでしょう。しかし、あなたがおしゃれだ、可愛いと思ってやっていることが、周りにとっては野暮ったい、ダサい、おしゃれとは程遠いことが非常に多いのです。ちょっと抵抗感がありますが、敢えて周りの意見を取り入れておしゃれに生かしたほうが、結果的に可愛くなれるものなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

小学生、中学生から可愛くなる方法
小学生、中学生から可愛くなる方法についてあれこれです。
高校生で可愛くなるにはどのような方法があるのか
高校生で可愛くなるにはどのような方法があるのかについてです。
顔メイクで高校生がかわいくなる方法
可愛くなる