十代のピュアな男子の前で可愛くなる方法

スポンサーリンク

女子が男子の前で可愛くなる方法は素直になることです。
男性心理というのは不思議なもので、何気ない仕草を可愛いと思うことがあるのです。
その反面、作られた可愛さには見向きもしないことがあります。
昔はブリッ子という言葉が流行りましたが、あれは作られた可愛さに対する反発なのです。
特に十代の頃の男子はかなりピュアな精神状態です。
作られたもの、わざとらしいもの、過剰なものに対しては拒否反応を起こす傾向があります。
逆に30代以降の中年になると、若い女子のブリッ子が可愛いと思うようになるのです。
作られたものやわざとらしいものに、健気さを感じ取るのです。
それは社会に出て色々な体験をしているので、若い女子のカワイ子ブリッ子が可愛いと感じるのです。

スポンサーリンク

 

 

恋愛対象の年代によって可愛くなる方法は変わってきます。
十代の青春真っ盛りのピュアな恋愛をしたいのなら、素直になることこそが可愛くなる方法なのです。
素直になるということは、例えばドジをすることです。
授業中に居眠りをして先生に叱られる女子は、ピュアな男子から見れば可愛いと見えるのです。
また傘を忘れて土砂降りの中を走っている女子の姿を見て、ピュアな男子は可愛いと思うのです。
素直になるということは弱さを隠さないということです。
その弱さを見つけた時、守ってあげたいと思うのが男なのです。
だから逆に全てにおいて完璧な女子は、男子にとって可愛いとは思えないのです。
素直になるというのは勇気がいることです。
着飾らない素のままの自分でいることが、可愛くなる方法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加